キャットシッター猫屋敷は、宮城県仙台市の猫専門ペットシッター。お家でお留守番している猫さんのお世話をさせていただきます。


キャットシッター
  シッティングの内容についてのご案内
  ご利用についてのご案内
    お申込からシッティングまで
(はじめてご依頼の方)
    お申込からシッティングまで
(2回目以降のご依頼の方)
  ご利用料金
  出張費のご案内
  お見積もり
  お申し込み
  お問い合わせ
素敵なともだち
シッティングで出会った
素敵な猫さんをご紹介しています。
 
 
 
猫さんとの暮らし出張アドバイス
 
 
 
ペット食育協会(R)認定
愛猫・愛犬のための手づくりごはん
 セミナー開催日程のご案内
 入門講座開催のご案内
  2級認定講座のご案内
 手づくりごはん出張セミナー
 セミナー参加者の声
 
 
 
猫屋敷オリジナル
猫さんと人のための生活雑貨
 
 
 
猫さんの快適生活のためのご提案
  猫さんの習性や、行動やしぐさが教えてくれる猫さんの気持ちなど。
猫さんを理解することで、猫さんとの暮らしはもっと楽しくなるはず。そんな想いをこめて。
猫さんの体のひみつ
  猫さんのおひげは何本あるの?など、猫さんの体のひみつをご紹介。
猫さんを取り巻くいろいろなこと
  地域猫についてのお話など。
すべての猫さんのしあわせを願って。
猫屋敷おすすめの本
  猫さんの健康についての本や、猫さんが魅力的に描かれている本などなど。
 
 
 
ブログ「続・相棒猫日記」
相棒猫日記
うめちゃん、ももちゃんとの日々
 
 
プロフィール&ご挨拶
 
 
 
個人情報の保護について
CSなんりグループ紹介
トップページへ
■ブログ 「続・相棒猫日記」
VOL.3
野良猫から地域猫、さらに一歩進んで家猫へ。
野良猫さん保護計画実行への道。
あなたが行動を起こせば、きっと何かが変わるはず。
千葉さんの、野良猫保護への挑戦から考えられること。


お家のない猫さんを保護して、自身の猫として迎える。
そう決意した、仙台市在住・千葉さんの、野良猫さんを保護するまでの、野良猫さん保護奮闘記ともいうべき日々を綴った記録です。
猫さんを保護するまでの間、たくさんの選択・決断を迫られ、その都度、それらに真摯に向き合った千葉さんのご苦労は、きっと、私の想像を越えるもの。
千葉さんの日々を綴らせていただくにあたり、千葉さんに、心からの敬意を表したいと思います。


全国各地で起きている野良猫問題。
解決への糸口は「地域猫」という考え方。


野良猫を見かけたら、ごはんをあげたいと思うのは、人としての自然な感情です。
ましてや、猫が好きな人なら、お腹を空かせている猫に、ごはんをあげずにはいられない気持ちになるのは、当たり前のことだと言えるでしょう。

野良猫が、しっぽをピンとたてて歩いていたり、屋根や塀の上でお昼寝していたり…。
そんな光景を目にするのは、心なごませるものですし、街全体に、やさしさやゆとりのようなものを感じることができて、ほっとします。

しかし、残念なことに、猫さん自身にはまったく悪気がないとは言え、丹精こめて育てた庭の草木が荒らされる、庭が猫の排泄の場所になっている、車のボンネットに傷をつけられる等、野良猫による、何らかの被害を受けている人がいるのも事実。

自分の家の庭への排泄、大切な車の傷…。これは、たとえ猫が好きな人にとっても、決して気持ちの良い問題ではありません。

また、不妊・去勢していない猫たちが自由に街を歩けば、定期的に新たな命が生まれ、さらに野良猫が増えて行くことは目に見えています。

野良猫にごはんをあげる人、それを快く思わない人、その両者の間でトラブルが発生した例もあり、これはつまり、野良猫をめぐる問題が「猫がかわいそうだから」という感情だけでは解決できない社会問題であることがわかります。

「捨てられるなど、人の勝手な都合が一因で増えてきた野良猫。猫は悪くないのだから、ごはんをあげるべきだ」と考える人、猫の好き嫌いに関わらず、実際に猫による被害をうけて困っている人、その両者が集まり、野良猫たちをどうすべきかを真剣に話し合った結果生まれたのが、横浜市磯子区の『地域猫』という考え方です。

地域猫とは、特定の誰かの飼い猫でも野良猫でもなく、地域住民に見守られ、適切に飼養管理されている猫のこと。猫には不妊・去勢手術を行い、毎回、決めた場所でごはんと水を与えます。また、猫用のトイレを設置し、その後始末をすることは当然のことながら、周辺の環境美化にもつとめる、とするものです。

不妊・去勢手術を行いますので、それ以上、野良猫が増えることはありません。
猫は、定期的に訪れる発情から解放されるため、無用なストレスが減りますし、手術によって多くの病気を防ぐことができるとされています。
決められた場所でごはんをあげることにより、空腹のためにゴミを漁る等の行為を防ぐことができます。また、トイレを設置することにより、周辺地域の糞尿被害を防ぐことができます。

つまり、地域猫活動は、猫が好きな人に限らず、猫が苦手な人、猫が嫌いな人をも含めた地域住民の協力のもと、きちんと管理された状態で、猫に一代限りの生を全うしてもらおうとするものなのです。

野良猫は悪くないのだからとする野良猫保護の立場からみれば、隠れることなく猫にごはんをあげることができ、また、行政に持ち込まれることによる、猫の殺処分数を減らすことができます。

猫による被害を受けていた人の側からみれば、野良猫がそれ以上増えないだけでなく、地域の環境美化にもつながるという側面があります。

何よりも、地域住民のコミュニケーションがはかれるという大きなメリットにも注目すべきでしょう。

全国各地、あらゆるところで、同じような問題を抱えていたことを象徴するかのように、この地域猫という考え方は、東京周辺の首都圏を中心に、またたく間に、全国に広まっていきました。




「野良猫」から「地域猫」へ。
そして、さらに進んで、「家猫」へ。
千葉さんの挑戦。

仙台市内のとある場所、猫のしあわせを願い、また、地域環境の健全化を目指す方が、静かに、しかし着実に、ひとつの計画を進めていました。

野良猫を捕獲して不妊手術を行い、その後は家猫として、ご自身の家の中で暮らしてもらおうとするものです。

今回、捕獲計画の対象になったのは、地域の人々に「しまちゃん」と名付けられ、かわいがられている女の子の猫さん。

近所に住むNさんが毎朝毎夕ごはんをあげる等の世話をしていました。

ごはんをもらい、栄養状態も良いしまちゃん。食べることに関しては不自由がなく、健康状態も良好に外で暮らしているしまちゃんが、お腹の中に新しい命を宿すまでに、そう時間はかかりませんでした。

2009年の春、しまちゃんは3匹の猫を出産。ごはんの世話をしていたNさんが、その子猫を保護し、2匹をご自身の猫として迎え、あとの1匹は、しまちゃんに「ごはんの場所」を提供してくださっている方が家族として迎えてくださったものの、この時点で、しまちゃんの保護までには至らず、どうしたものかと悩みながらの給餌が続いていました。

その状況を見兼ね、しまちゃんを保護することに協力を申し出たのは、ご近所に住む千葉さん。ご自身、1匹の猫と暮らしており、いつも猫たちのしあわせを願っている方です。

しまちゃん保護計画が具体的に動き出そうとしていたその時、どうやら、しまちゃんが妊娠しているらしいことがわかりました。

お腹の中の赤ちゃんはどうしたらいいのか…。計画は一時、暗礁にのりあげます。

Nさん、千葉さんが頭を抱えている間にも、しまちゃんのお腹は大きくなり、ある日、ついに子猫が生まれたらしいという情報が地域の人によってもたらされました。

子猫を出産したしまちゃん。
子猫の安全を考えてのことなのでしょうか。それまでNさんがごはんをあげていた場所には姿を現さず、どこか新しい場所で子育てを始めたようです。

しまちゃんは、どこで子育てをしているのでしょう。
ごはんは食べているのでしょうか。
子猫は元気に成長しているのでしょうか。

心配が続く日々。

ようやく、しまちゃんがもとのごはんの場所に姿を見せるようになったのは、出産情報から1ヶ月以上も経った頃。生まれた子猫が2匹らしいことがわかったのも、この頃です。

しまちゃんが元気でいてくれたこと、子猫が無事生まれたこと…。
Nさん、千葉さんは、安心を得ることができたのと同時に、生まれた子猫をどうするかという新たな課題を抱えることになりました。

外で、自由に暮らしている猫を保護─。人にごはんをもらっている猫とは言え、家の中で暮らす猫と違い、強い警戒心を持っているのは事実。子育て中の母猫となれば尚の事です。

インターネットで検索して情報を集め、野良猫保護の経験のある方に意見を求め…。
しまちゃんの保護を、できるだけスムーズに行い、しまちゃん自身にもなるべく負担のないよう進めるため、千葉さんは、多くの時間を情報収集のために費やしました。

そして、計画実行の前にも、さまざまな準備が必要であることを知ります。

とにかく、ひとつひとつ、こなして行くしかありません。
まずは、しまちゃんを保護し、家猫になってもらうことを、ご近所の皆さんに説明し、普段、ごはんをあげている場所に捕獲器を設置する許可を得るなど、保護成功に向けての動きが始まりました。

計画の内容をご近所の皆さんに説明にまわるうち、しまちゃんにごはんをあげているのは、Nさんだけではなく、複数の場所で複数の方々がそれを行っていることがわかりました。
中に、ごはんを用意した捕獲器に入ってもらうという方法で保護を成功させるためには、決行の前日から給餌をやめ、しまちゃんには空腹でいてもらうことが、とても大切。そのためには、ごはんをあげている方々を探し出し、計画を説明、納得してもらう必要がありました。

次々に出て来る問題を、できるところから、丁寧に解決していった千葉さんたち。
言葉にしてしまえば簡単ですが、日々の、千葉さんたちの気苦労は相当のもの。それでも、諦めずに行動を続けられたのは、しまちゃんたちのしあわせを願う気持ちがあったからでした。

そしていよいよ、意を決した、保護計画実行の日を迎えます。

実行にあたっては、仙台市内で、長年、動物たちの保護活動を続けてきた動物保護団体の方が力を貸してくださいました。
現場に捕獲器を運び込んでくださり、使い方、保護を成功させるためのコツを教えてくださる等、その協力は、とても大きいものでした。

今回、動物保護団体の方が持参してくださったのは、天井部分から食べ物をつり下げるタイプの捕獲器。食べ物を求めて捕獲器に入った猫が食べ物に触れた瞬間に、入口が閉まるという仕組みです。

さっそく、動物保護団体の方の指導のもと、捕獲器への食べ物取り付け作業を開始。
動物保護団体の方によると「唐揚げや鯵を焼いたもの、ちくわなど、においの強いものが効果的」との事。この日は、千葉さんが、事前に調べた上で準備した「鶏の唐揚げ」を取り付けました。

しまちゃんの気持ちを刺激しないよう、警戒心や不安を抱かせないよう、これらのセッティングは、しまちゃんの目に入らない所で行い、しまちゃんが心を許しているNさんと千葉さん二人が、普段、しまちゃんがごはんを食べている場所へと運び込みます。

前日からの絶食でお腹が空いていたのでしょう。
Nさんと千葉さんがごはん場へ到着すると、すぐに姿を現してくれたしまちゃん。
千葉さたちんは、唐揚げが取り付けられた捕獲器を置き、そっとその場をあとにしました。

何とか成功しますように─。
そんな想いで、少し離れた場所で待機するNさんたち。その耳に、やがて聞こえてきたのは、「カチャッ」という金属音。

Nさんと千葉さんが、急いで、でも静かに、捕獲器のある場所に向かいます。

成功しているのか、はたまた失敗に終わったのか─。

Nさんたちが目にしたのは、捕獲器の中にいるしまちゃんの姿。
成功です。突然のことに戸惑っているであろうしまちゃんが、少しでも気持ちを落ち着けてくれるよう、また、万が一、中で暴れてしまっても、入口が開いてしまわないよう、あらかじめ用意したシーツで捕獲器を包み込み、まだ姿を現さず、どこかに身を隠しているであろう 残された子猫のためには、子猫たちが大好きなウェットフードを用意して、その場を後にしました。

しまちゃんはこの後、捕獲に失敗すれば、キャンセルせざるを得ない予約を快く受けてくれた、野良猫の保護に理解のある動物病院で不妊手術を受け、翌日退院。そして、千葉さん宅の猫としての暮らしをスタートさせることになります。

言うまでもなく、今回の捕獲計画で唯一気がかりだったのが、2匹の子猫たちのことです。

母親であるしまちゃんを捕獲するということは、子猫だけが残されることを意味します。
子猫たちの離乳は済んでいるのでしょうか。
子猫たちだけで暮らしていくことはできるでしょうか。
捕獲されたしまちゃんも、子猫のことが心配でしょうし、子猫たちも、母親が突然いなくなってしまえば、当然、心細い想いをするでしょう。

母親であるしまちゃんが捕獲される現場を目にしたかもしれない子猫たちの恐怖心、母親がいなくなってしまう心細さ…。
子猫たちの心境を思うと、千葉さんの胸には、何とも言いがたい気持ち、不安感が押し寄せてきました。

しかし、さいわいにも、しまちゃんの捕獲の翌日には2匹のうちの1匹を、さらに翌々日には2匹目の子猫を無事に捕獲することができました。

今回、しまちゃん捕獲計画を決定し、準備をする中で、予想以上にご近所のたくさんの方々がしまちゃんに関わりを持っていたことがわかりました。
しまちゃんにごはんをあげる場所を快く提供してくださっていた方、寝場所を提供していた方、そして、しまちゃんが出産後、身を寄せるための場所を作り、ごはんをあげていた方がいることも想像できます。「しまちゃんを捕獲した後、子猫を見かけたらどうすればいい?」と子猫保護のための協力を申し出てくださった方もいます。
Nさんと千葉さんを中心に、しまちゃんと、しまちゃんの2匹の子猫のしあわせのため、また、過酷な生活を強いられるであろう野良猫を、これ以上増やさないため、という同じ目的のために、この地区の方々の心はひとつになりました。
 
春、夏続けて二度の出産を経験したしまちゃん。
「しまちゃん自身の体への負担も心配でしたし、これからの寒い季節を外で暮らすことを考えると、とてもそのままにしておけませんでした」と保護実行の決意のきっかけを話してくださった千葉さん。
しまちゃんの保護に続き、子猫の保護も成功したことは、すぐにご近所の方々に知られることになり、千葉さんは「しまちゃんを引き取った人として有名人になってしまいました」と笑います。

しまちゃん
無事保護された、しまちゃんの子猫たち。


避妊手術の後、傷をなめないように着せてもらった服を自らの力で破ってしまう等、しばらくは、外で暮らしていた猫さんらしい強さを見せていたしまちゃんですが、徐々に徐々におだやかになり、ゆっくりゆっくり、千葉さん宅での暮らしを受け入れてくれるようになりました。

一生涯、大事にしてくれる新しい家族が見つかるまで、千葉さんのお宅で暮らすことになっているしまちゃんの子猫たちは、しーくん、みーちゃんという仮の名前をもらい、子猫らしい活発さと健やかさを見せ、千葉さんの愛情をうけながら、順調に成長を続けました。

夜中に繰り広げられる大運動会、子猫同士のじゃれあいを楽しく観察しながらも、子猫たちがそれぞれ、本当にしあわせに暮らせるための家を探す千葉さんの、日々のご苦労も相当のものであったことは、想像に難くありません。

「焦らないで」何度も自分に言い聞かせたとおっしゃる千葉さん。
子猫たちを保護して2ヶ月が過ぎる頃、ようやく待ちに待った良縁が舞い込みました。
しーくん、みーちゃんを、兄妹揃って迎えてくださるというお話。
長年、一緒に暮らしてきた猫さんを天国へと見送り、新しい命を引き受けたいと望んでいらっしゃる方です。
環境、お人柄、その他すべてが、千葉さんの希望にかなっていました。
この方なら、しーくんとみーちゃんをしあわせにしてくれる、千葉さんは、そう確信することができたのです。

2010年12月4日、新館線、新青森駅開通の日。風が強くて、新幹線に2時間も遅れが出る中、千葉さんは、しーくん、みーちゃんと共に、彼らの終の住まいとなる盛岡を目指しました。
盛岡には、しーくん、みーちゃんにとっての、大きな大きなしあわせが待っています。




あなたが行動を起こせば、何かが変わるはず。

皆さまのお住まいの地域にも野良猫がいるかもしれません。
もしかしたら、「野良猫にごはんをあげるだけでは、ますます野良猫を増やすだけ。何とかしなければならない、でも、自分ひとりの力ではどうにもならない」と悩みながらも、野良猫の飢えに心を痛め、今、できる事としてごはんをあげている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

野良猫にごはんをあげる─。
これは確かに、人としての優しさからくる行為です。しかし残念なことに、ごはんをあげるだけでは、野良猫たちがさらに増え続けることを手助けしているようなもの。
あえて酷な言い方を許していただけるなら、ごはんをあげるだけ、という行為は、むしろ、人として無責任な行為にもなりかねないことを理解しなければなりません。

夏の暑さから逃れ、冬の寒さから身を守らなければならず、ただひたむきに生きるために、食べ物を手に入れなければならない猫たち。そんな過酷な状況で生きなければならない猫たちを、これ以上増やしたくはないもの。
すべての命は、愛され、しあわせになるために生まれてくるはず。そういう社会であってほしいと切に願います。

野良猫の数を減らすための手だてとしては、猫を保護し、不妊・去勢手術を受けさせ、その後、ご自身の猫として、あるいは、猫の家族になってくれる人を探すなどして、猫には、家猫として暮らしてもらうようにするのが理想的だと言われています。

しかしながら、それぞれの事情があり、猫を家に迎えることができないということも、現実には十分にあり得ること。その場合には、手術して猫を再度、もとの場所に戻し、ごはんをあげる場所を決め、トイレを準備し、トイレ周辺を含めた清掃を行う、地域猫活動が、有効な手段となります。

野良猫による被害を受けている方、野良猫に好意を抱いていない方がいらっしゃるのも現実であり、そのお気持ちは十分に理解できるところです。 野良猫による何らかの被害が起きていれば尚の事、野良猫を苦手と感じるのは当然の事でしょう。

しかし、ここでもやはり、一歩踏み込んで、地域住民による話し合いを持ち、野良猫に不妊・去勢手術を施し、野良猫をこれ以上増やさず、地域猫として認め、皆が役割を分担して世話をすることで、現在起きている、猫による問題はおさえることができるかもしれません。

「猫が好きだから」「猫を守りたい」というだけでなく、「猫が苦手」「猫が嫌い」「猫をこれ以上増やしたくない」という、相反する考えを持つ方々が集まり、地域全体が協力し合うことで、それをきっかけに地域のコミュニケーションがはかれ、よりよい住環境が生まれるでしょう。地域住民間のコミュニケーションがとれていれば、防犯を期待することもできます。

野良猫を守るということが、地域社会を整えることだと捉えることができるなら、こんなに素晴らしい活動はありません。

野良猫を殺処分することで、野良猫の問題を解決するのではなく、病気治療をも含め、地域全体で野良猫を見守り、猫に一代限りの生を全うしてもらおうという地域猫活動は、結果、猫のためだけにあるのではなく、そこに暮らすすべての人のための活動なのだと言う事ができるのだと思います。




「猫さんを取り巻くいろいろなこと」トップへ



キャットシッター猫屋敷
仙台市宮城野区鶴ヶ谷北1-15-20 TEL.022-388-3848  FAX.022-388-3849 E-mail:cs@nekoyashiki.jp

動物取扱業登録 仙台市指令第1246号 種別/保管
登録年月日/平成19年11月15日 有効期間末日/平成29年11月14日 動物取扱責任者/鈴木美由起