仙台の猫専門ペットシッター キャットシッター猫屋敷 猫さんの快適生活のためのご提案





猫さんのつめきり


優雅に歩いていた猫さんが、突然コテッ。
あれっ!? つめがじゅうたんにひっかかって転んでしまいました。
なんてことのないよう、猫さんのつめは、定期的に切ってあげたいものです。

猫さんのつめは、まるく円を描くようにのびるため、あまりにのびすぎると、肉球を傷つけてしまうこともあるのだそうです。

さまざまに起こり得る可能性のある猫さんの怪我を防ぎ、安全に暮らしてもらうためにも、つめ切りは、猫さんにとって大切なケアのひとつと言えそうです。

とは言っても、「つめ切り大好き!」という猫さんは、きっと、そうそういないでしょう。「ぐっすり眠っている時に、そっと1本ずつ切っています」という言葉は、よく耳にするお話。

猫さんにとって、つめを切ることが、な
るべく負担にならないようにしてあげるのが理想的ですよね。





抱っこに慣れてもらうことからはじめましょう
そのために、まずは、抱っこされることに慣れてもらうことからはじめましょう。

抱っこが嫌いな猫さんは決して少なくはありませんが、できるなら、背中から抱っこして、ひざの上に、お腹を見せてすわってもらえるようになると、つめ切りはぐーんとらくになります。

抱きあげて、嫌がったらすぐにおろしてあげる、を気長に繰り返すことで、抱っこ嫌いの猫さんも、徐々に抱っこに慣れてくれるようになるでしょう。

嫌がったらおろしてあげる、気長に取り組む、の2点がポイントです。




手先、足先に触ることに慣れてもらいましょう。

それから、手先、足先に触れられることにも慣れてもらうことも、つめ切りをらくに行うためには大切なポイントになります。
やさしく声をかけながら、事あるごとに、手先・足先に触れるようにしましょう。
きゅっと、やさしくつかめるまでになると、つめ切りは断然らくになります。
キャットシッター猫屋敷 猫さんの爪切り
   





つめを切る際は、なるべく手早く。
人用つめきりを使うのがおすすめです。


そして、実際につめを切る時は、なるべく短時間で切ってあげられるよう、手際よく切ってあげることが、何よりも大切です。

そのためにおすすめなのが、実は「人用のつめ切りを使うこと」です。

ペット用のつめ切りも販売されていますが、「こわくて、なかなか切ることができない」という声が多いのも事実。

人用のつめ切りなら、普段から使い慣れているものですので、つめ切りを使いこなすためのコツを、改めて習得する必要もありません。
手になじんでいる分、切る側の緊張感もなく、素早く切ってあげることができます。

猫さんの手先・足先を、やさしくつかんで、ぷっと押すようにすると、普段は引っ込んでいるつめが出てきます。
出て来たつめの先端、のびた部分を切ってあげましょう。
光にかざしてみて、血管の通っていない部分だけを切ります。
決して、根元まで切る、なんてことのないように注意してください。
人でいう親指にあたる部分、手の内側にある、狼爪(ろうそう)と呼ばれるつめを切る事も、
どうか忘れずに。 





「猫さんの快適生活のためのご提案」トップへ