仙台の猫専門ペットシッター キャットシッター猫屋敷 猫さんの快適生活のためのご提案



猫さんのための冬対策.3
猫さんの感電事故に注意してあげましょう。




ぬくぬくあったかーい電気ストーブや、ほわほわほんわりのこたつ、ほっこほこの電気カーペットなど、冬は、案外、お部屋の中の電気コードが増える時期。

これらの電気コードを、おもちゃに見立ててかじって感電、口のまわりをやけどしてしまう猫さんも少ないないそうです。

一般家庭の電圧では、感電死するほどの危険はないそうですが、万が一、猫さんが電気コードをかじって感電してしまったら、すぐに病院へ連れて行き、診察を仰ぐのが懸命です。

ただし、感電してしまった直後の猫さんは、感電のショックでパニック状態になっていることも考えられます。

そのような状態の時に、抱き上げようとして手を出したりすると、猫さんにひっかかれたり、噛み付かれてしまうこともありますので、(もちろん、この時の猫さんに悪気はまったくありません。興奮がそうさせてしまうのです)猫さんの様子を、よく観察し、十分にお気をつけください。

とは言っても。
感電してしまったらー、と考えるよりも、感電しないように対策を講じてあげるのがいちばんです。

電気コードは、猫さんに見えないようにカーペットの下に隠しておくなどの配慮をしてあげましょう。
壁づたいに配線したコードを、上から覆うようにして隠すプラスチックカバーや、コード自体を包みこんでしまい、コードに直接触れることができないようにするカバーなども市販されています。
それらを上手に利用するのもいいかもしれません。

猫さんの怪我を防いであげられるのは、共に暮らす私たちです。

 



「猫さんの快適生活のためのご提案」トップへ