仙台の猫専門ペットシッター キャットシッター猫屋敷 猫さんの快適生活のためのご提案



猫さんは、何故、つめとぎをするの?


猫さんはもともと、狩猟動物として生きてきた動物です。

生きるために必要な獲物を、より確実に捕らえるためには、常に、つめを鋭く保つ必要がありました。 猫さんにとって、つめとぎは、「つめ」という武器を整えるためのお仕事だったのです。 それは、獲物を捕らえる必要の有る無しに関らず、現代の猫さんにも受け継がれている習性です。
いわば、つめとぎは、猫さんの、猫さんらしい行為のひとつであり、猫さんにつめとぎをやめてもらうのは、不可能だと言われています。





猫さんのつめは、内側に新しいつめができる、層状になっています。

よくよく観察していると、猫さんのつめは、層状になっていることがわかります。

つまり、外側にあるつめは、古いつめ、ということです。

猫さんのつめとぎは、この、外側にある古いつめをはずす、ということも目的のひとつです。

つめとぎをすることにより、つめの外側を覆っている古いつめを取り除き、内側にある新しいつめを表に出すのです。

鈎型の形を残したまま落ちている猫さんのつめを見たことのある方も多いと思います。
それが、外側にあった、古いつめです。







猫さんのつめとぎは、マーキング行為のひとつだと言われています。



猫さんの手の内側には汗腺があり、つめをとぐ事で、その汗腺から出るにおいをつける事ができると言われています。

つまり、猫さんは、つめをとぐことによって、そこに自分のにおいをつけ、「自分の居場所だよ」「自分の縄張りだよ」と主張しているのです。

立ち上がって、体を大きく伸ばし、高い所でつめをとぐのは、高い場所にマーキングすることによって、自分が大きい猫であることを周囲に知らせたいからだ、という説もあります。

ソファの背もたれや脚、家具の壁等、人にとっては困ったところでつめをとぐ猫さんは少なくありません。

それらの場所は、つめとぎの場所として具合はいいというだけでなく、大好きな家族のにおいのついた場所であるため、猫さんは、その場所を好きになるために、自分のにおいをつけるためのマーキングを行っているのだ、とする意見もあります。 何てかわいらしい心理なのだろうと、猫さんへの愛おしさが増す説です。

つめとぎには、猫さんの筋肉を伸ばす効果があると言われています。

お昼寝を終えた後、つめとぎをする猫さんが多いのは、筋肉を伸ばすためだと言われています。 人にとっては、ストレッチのようなものなのかもしれません。




「猫さんの快適生活のためのご提案」トップへ