■HOME  ■お問い合わせ   ■猫屋敷ブログ

キャットシッター猫屋敷/猫屋敷主催 
猫さんの健康応援講座ご案内






猫さんといっしょごはん。
猫さんにも、人にもおいしい、手作りごはんのレシピのご紹介です。




白菜のしゅうまい

白菜のおいしい季節です。
白菜は、大根、豆腐と共に、冬の精進料理に欠かせない食材とされてい るそうです。
大根やお豆腐と一緒にお鍋でいただくのもおいしいものですが、
今回は、ちょっと趣向を変えて、しゅうまいにしました。







■材料 体重4キロの子の1食分(だいたいの目安です)


豚ひき肉・・・35g
白菜 ・・・15g
れんこん・・・ 5g
しいたけ・・・ 5g
いんげん・・・ 1g
酢 少々
ごま油 少々
※片栗粉 適宜
※パセリ 飾り用にお好みで。




■作り方

1.6~8センチ角に切った白菜を3枚用意し、残った白菜はみじん切りにする。

2.れんこんをみじん切りにして、酢水につけておく。

3.しいたけをみじん切りに、いんげんを2mm程度の輪切りにする。

4.1でみじん切りにした白菜、酢水を、水で粗い流した2のれんこん、3のしいたけを、ごま油で軽く炒め、粗熱をとる。

5.1で角切りにした白菜を、レンジで加熱して、しんなりさせ る。

6.4の粗熱がとれたら、豚ひき肉と混ぜ合わせ、3等分にしてまるめる。
※タネがゆるい場合は、片栗粉で調整してください。

7.5の白菜で6をくるんでいんげんをのせ、10分ほど蒸してできあがり。





■栄養ポイント

<白菜>
白菜の約95%は水分ですが、
ビタミンC、カリウム、マグネシウムや亜鉛などのミネラル類が含まれます。
それぞれ含まれている量は微量ではあるものの、
とてもバランスよく含 まれているのが特徴です。
食物繊維が豊富なので整調作用にも期待できます。
消化器系を安定させてくれる食材とされています。

<豚肉>
ビタミンB群、特にビタミンB1が豊富です。
ビタミンB1には、疲れのもととなる乳酸の、体内への蓄積を防ぐ 働きがあります。
また、脳の中枢神経や抹消神経の機能にも関わり、
筋肉や神経の疲労を 取り除くために働いてくれます。
ビタミンB1が、疲労回復ビタミンと呼ばれるのは、このためです。
貧血を予防する鉄分や、血圧の上昇を抑制するカリウムも豊富です。

<れんこん>
レモンの1.5倍とも言われるほど、ビタミンCが豊富です。
ビタミンCは、疲労回復、風邪の予防等に効果があるとされています。
食物繊維も豊富です。
れんこんに含まれる食物繊維は水に溶けにくい不溶性食物繊維。
腸内の運動を活発にして便通を促してくれます。
ポリフェノールの一種であるタンニンも含まれています。
タンニンには、抗酸化作用、殺菌作用、止血や鎮痛作用の他、
下痢の緩和や改善などの効果もあるとされています。

<しいたけ>
しいたけは不溶性食物繊維、水溶性食物繊維を豊富に含んでいますので、
腸の健康維持におすすめです。
しいたけ特有の成分であるエリタデニンは、コレステロール値を下げてくれるので、
動脈硬化の予防が期待できます。

<いんげん>
骨や歯を丈夫に保つために働くカルシウム、体内の余分な水分を排出してくれるカリウム、
貧血を予防してくれる鉄分等、ミネラルがたっぷり含まれています。
また、9種もの必須アミノ酸が含まれています。
必須アミノ酸の一つであるメチオニンは、肝臓や腎臓の解毒作用もあるので、
積極的に摂り入れたい食材のひとつ です。




■レシピ集トップへ戻る>