キャットシッター猫屋敷は、宮城県仙台市の猫専門ペットシッター。お家でお留守番している猫さんのお世話をさせていただきます。




キャットシッター
  シッティングの内容についてのご案内
  ご利用についてのご案内
    お申込からシッティングまで
(はじめてご依頼の方)
    お申込からシッティングまで
(2回目以降のご依頼の方)
  ご利用料金
  出張費のご案内
  お見積もり
  お申し込み
  お問い合わせ
素敵なともだち
シッティングで出会った
素敵な猫さんをご紹介しています。
 
 
 
猫さんとの暮らし出張アドバイス
 
 
 
ペット食育協会(R)認定
愛猫・愛犬のための手づくりごはん
 セミナー開催日程のご案内
 入門講座開催のご案内
  2級認定講座のご案内
 手づくりごはん出張セミナー
 セミナー参加者の声
 
 
 
猫屋敷オリジナル
猫さんと人のための生活雑貨
 
 
 
猫さんの快適生活のためのご提案
  猫さんの習性や、行動やしぐさが教えてくれる猫さんの気持ちなど。
猫さんを理解することで、猫さんとの暮らしはもっと楽しくなるはず。そんな想いをこめて。
猫さんの体のひみつ
  猫さんのおひげは何本あるの?など、猫さんの体のひみつをご紹介。
猫さんを取り巻くいろいろなこと
  地域猫についてのお話など。
すべての猫さんのしあわせを願って。
猫屋敷おすすめの本
  猫さんの健康についての本や、猫さんが魅力的に描かれている本などなど。
 
 
 
ブログ「続・相棒猫日記」
相棒猫日記
うめちゃん、ももちゃんとの日々
 
 
プロフィール&ご挨拶
 
 
 
個人情報の保護について
CSなんりグループ紹介
トップページへ
■ブログ 「続・相棒猫日記」
 ■相棒猫日記「命を見つめて」
VOL.4 私の決心

2003年10月30日・木曜日……

慣れというのは恐ろしいものである。
いや、この場合、有り難いと言ったほうが良いのだろう。
誰もが、私が猫を抱いて出勤することを当たり前だと思いはじめている。
里親が見つかるまでと好意にあまえさせてもらうことにした。

1日に4回の点眼は忘れずしっかり。
朝起きてすぐと昼頃、夕方5時頃、眠る前、というのがだいたいの目安だ。
1日に2回、朝と夕方にはシロップ状の飲み薬もあげる。
針のついていない注射器で薬を吸い上げ、それを口の中へ流しこむのだが、これがなかなか大変だ。

注射器を口に持って行き「猫ちゃん、お薬だよ。頑張って飲もうね」と言いながら、注射器の先でつんつんとして、口を開いてもらい、そのまま中の薬を押し出す。
薬を流しこむスピードが難しい。早いと、猫が飲みこめずにこぼしてしまうし、遅いと注射器を口から出そうとして暴れてしまう。
早く良くなってほしい、薬を1滴もこぼすまいと思うと、毎回が真剣勝負になる。

そんな私の想いにこたえてくれるかのように、猫も目に見えて元気になっていく。
ジャンプして段ボールを飛び出そうとするまでになった。
少しだけれど目も開き、目の下の膿の固まりもとれて、表情もかわいらしくなってきた。

夜、相変わらずお座りして体を左右に揺らしながら眠る姿を悲しい気持ちで眺め、「もう大丈夫だよ、安心して眠っていいんだよ」と話しかける。
短く「ミョン」とないて、猫は体を丸くして眠りについた。
私にはその声が「うん、わかった」とでも言っているように聞こえた。


2003年10月31日・金曜日……

2度めの動物病院。
ありがたいことに、先生はこの猫を覚えていてくれた様子。
「とてもきれいになったね」と褒めてくれた。
猫は、この数日をかけて念入りにグルーミングをし、自分の体をきれいにしたのだ。飽きることなく一生懸命に。

そんな話をすると「きれいにするから一緒にいてね、ここにおいてねって言ってるんじゃない?」なんて言う人もいて、また胸がサワサワしてくるのだ。

たくさんあるドアの中から、私のドアを選び、その前でないていた猫。
追いかけても、一気に遠くへ逃げ出すことはせず、離れては止まり、また少し離れては振り返ってということを繰り返してこちらの様子を見ていた猫…。

猫を診察しながらつぶやいた先生の言葉にハッとした。
「良かったよね、発見があと一日遅かったら、この猫死んじゃってたんじゃない?だって、ここに来た次の日は雨だったもの」

……そうか、やっぱりそうなんだ。この猫は私のところに来たんだ。
私に「助けて」と言って、やって来たんだ。

先生の一言がとても重く心に響き、その時私は決心した。
里親なんか探さない、私がこの猫と暮らそう。

いや、実はもっと前から、この猫と暮らそうと決めていたのかもしれない。
もしかしたら、「ミョーン」とないて、自分がお昼寝から目覚めたことを教えてくれた、あの瞬間から。
もしかしたら、私の指につけたミルクをなめた、あの瞬間から。
もしかしたら、この猫をドアの前で抱き上げた、あの瞬間から。

もしかしたら、私があの梅さんという女性の記事を読んだ時、すでにこの猫は私のところに来ることが決まっていたのかもしれない…。
考えすぎだと笑われようとも、そんな気がしてならない。

情がうつらないようにと、ずっと「猫ちゃん」と呼んでいた猫が、この瞬間から「うめちゃん」になった。
私のうめちゃんに。

すでに、私にとってうめちゃんはとても大切な存在になっていた。
たとえば里親が見つかって、離れなければならない日が来ることを考えると、どうにも落ち着かない。
里親にこだわったのは、もっと良い環境でのびのびと暮らしていけるのなら、うめちゃんにとってはそのほうが幸せだろうと思ったから。
でも、私なりに良い環境を整えてあげればいいんだ。他の誰にも、この愛の深さは負けないだろう。

まるで、うめちゃんと暮らして行こうという決心を感じとってくれたかのように、この日からうめちゃんはおなかを見せてのびのびと眠るようになった。本当に不思議な猫だ。

そんなうめちゃんを見ていると、今までひとりで頑張ってきた分、これからは、うんと幸せに過ごさせてあげたいと思う。
どんな小さな命でも、愛されるために生まれてくるんだと教えてくれた猫、うめちゃん。
うめちゃんがいるだけで、私の心はこんなにもあったかい。
「出会えて良かったね、うめちゃん」と、白くてやわらかいおなかに触れながら、言ってみた。
うめちゃんも、私と出会ってよかったと、そう思ってくれるだろうか。


キャットシッター猫屋敷
仙台市宮城野区鶴ヶ谷北1-15-20 TEL.022-388-3848  FAX.022-388-3849 E-mail:cs@nekoyashiki.jp

動物取扱業登録 仙台市指令第1246号 種別/保管
登録年月日/平成19年11月15日 有効期間末日/平成29年11月14日 動物取扱責任者/鈴木美由起