キャットシッター猫屋敷は、宮城県仙台市の猫専門ペットシッター。お家でお留守番している猫さんのお世話をさせていただきます。




キャットシッター
  シッティングの内容についてのご案内
  ご利用についてのご案内
    お申込からシッティングまで
(はじめてご依頼の方)
    お申込からシッティングまで
(2回目以降のご依頼の方)
  ご利用料金
  出張費のご案内
  お見積もり
  お申し込み
  お問い合わせ
素敵なともだち
シッティングで出会った
素敵な猫さんをご紹介しています。
 
 
 
猫さんとの暮らし出張アドバイス
 
 
 
ペット食育協会(R)認定
愛猫・愛犬のための手づくりごはん
 セミナー開催日程のご案内
 入門講座開催のご案内
  2級認定講座のご案内
 手づくりごはん出張セミナー
 セミナー参加者の声
 
 
 
猫屋敷オリジナル
猫さんと人のための生活雑貨
 
 
 
猫さんの快適生活のためのご提案
  猫さんの習性や、行動やしぐさが教えてくれる猫さんの気持ちなど。
猫さんを理解することで、猫さんとの暮らしはもっと楽しくなるはず。そんな想いをこめて。
猫さんの体のひみつ
  猫さんのおひげは何本あるの?など、猫さんの体のひみつをご紹介。
猫さんを取り巻くいろいろなこと
  地域猫についてのお話など。
すべての猫さんのしあわせを願って。
猫屋敷おすすめの本
  猫さんの健康についての本や、猫さんが魅力的に描かれている本などなど。
 
 
 
ブログ「続・相棒猫日記」
相棒猫日記
うめちゃん、ももちゃんとの日々
 
 
プロフィール&ご挨拶
 
 
 
個人情報の保護について
CSなんりグループ紹介
トップページへ
■ブログ 「続・相棒猫日記」
 ■相棒猫日記「命を見つめて」
VOL.8 うめちゃんにもらったチュッ。

2003年11月10日・月曜日……

おはよう、うめちゃん。
両目がしっかり開いて、かわいらしいうめちゃんだ。
うめちゃんの、つぶれたように閉じていた左目が開いてから初めての出勤の日。
本当なら、もう、1日に4回の目薬をあげる必要はないのだろうし、飲み薬をあげる必要もないのだから、うめちゃんを抱いて出勤するのは間違っているのかもしれない。
しかし、まだまだ、私の姿が見えないだけでソファと壁の間の暗がりにもぐり込んでしまううめちゃんを思うと、どうしても一人残して出掛ける事ができない。

しばし考える。
私は、うめちゃんと一緒にいるために会社を辞める勇気があるとでもいうのか。
いやいや、そんなことはできない。私は今の仕事がとても好きだし、だいいち、会社を辞めてこれからの生活をどうしようと言うのだ。
社会にはルール、常識というものがある。
…しかし結局私は、今日もうめちゃんを抱いて出勤してしまった。
もう少し、もう少しだけ、と自分に言い聞かせつつ。

「おはよう」
「おはよう、うめちゃん。うわ、うめちゃんの目……良かった」と言ったきり、涙ぐんでいる同僚の顔。
私と同じようにうめちゃんを心配し、愛していてくれる人がここにいた。
そしてそれは彼女だけに限ったことではなかったのである。会社のみんながうめちゃんを愛してくれていた。
うめちゃんは本当にしあわせな猫だ。そして、私もしあわせ者。
みんなへの感謝を決して忘れない。

2003年11月11日・火曜日……

うめちゃんは、日に日に体力もついてきているようだ。
少しずつ慣れはじめている事務所の中の探検を開始した。
ひと通り自分なりの探検が終わったのだろう。 仕事をしている私の足元にやってきて、前足をピタッと揃えてお行儀良く座り「ミョーン」と短くなく。
「どうしたの?」と声をかけながら抱き上げ、そっと膝の上にのせると、嬉しそうにゴロゴロとのどをならした。
そのまま居心地のいい姿勢を整え、気持ち良さそうに眠っていたかと思うと、ふいに起きて膝の上に立ち上がる。
「何?何?どうしたの?」と、あまりにも唐突な動きに慌てる私の顔に、うめちゃんは自分の顔を近づけ、冷たくしめった鼻で、そっとチュッしてくれた。

突然の出来事…。
何故だろう。私は涙をこらえるのに必死だった。
うめちゃんは、私を信頼してくれている。頼ってくれているんだ。
もしかしたら、会えてよかったという、彼なりのメッセージなのかもしれない。

この子のしあわせのために、彼の良き理解者になろう…。
私はひざの上に再びまるくなったうめちゃんを撫でながら、ひとり、そう誓った。

キャットシッター猫屋敷
仙台市宮城野区鶴ヶ谷北1-15-20 TEL.022-388-3848  FAX.022-388-3849 E-mail:cs@nekoyashiki.jp

動物取扱業登録 仙台市指令第1246号 種別/保管
登録年月日/平成19年11月15日 有効期間末日/平成29年11月14日 動物取扱責任者/鈴木美由起