キャットシッター猫屋敷 相棒猫日記





相棒猫日記

VOL.11 うめちゃんからの鼻チュウ。/2003年11月11日・火曜日



うめちゃんは、日に日に体力もついてきているようだ。
少しずつ慣れはじめている事務所の中の探検を開始した。

ひと通り自分なりの探検が終わったのだろう。
仕事をしている私の足元にやってきて、前足をピタッと揃えてお行儀良く座り「ミョーン」と短くなく。

「どうしたの?」と声をかけながら抱き上げ、そっと膝の上にのせると、嬉しそうにゴロゴロとのどをならした。
そのまま居心地のいい姿勢を整え、気持ち良さそうに眠っていたかと思うと、ふいに起きて膝の上に立ち上がる。
「何?何?どうしたの?」と、あまりにも唐突な動きに慌てる私の顔に、うめちゃんは自分の顔を近づけ、冷たくしめった鼻で、そっとチュッしてくれた。

突然の出来事…。
何故だろう。私は涙をこらえるのに必死だった。
うめちゃんは、私を信頼してくれている。頼ってくれているんだ。
もしかしたら、会えてよかったという、彼なりのメッセージなのかもしれない。

この子のしあわせのために、彼の良き理解者になろう…。
私はひざの上に再びまるくなったうめちゃんを撫でながら、ひとり、そう誓った。





VOL.10へ VOL.12へ





猫暮らしセミナー/猫さん、毎日のケアセミナー/キャットシッター猫屋敷 猫暮らしセミナー/老猫さんとの暮らしセミナー/キャットシッター猫屋敷