キャットシッター猫屋敷は、宮城県仙台市の猫専門ペットシッター。お家でお留守番している猫さんのお世話をさせていただきます。




キャットシッター
  シッティングの内容についてのご案内
  ご利用についてのご案内
    お申込からシッティングまで
(はじめてご依頼の方)
    お申込からシッティングまで
(2回目以降のご依頼の方)
  ご利用料金
  出張費のご案内
  お見積もり
  お申し込み
  お問い合わせ
素敵なともだち
シッティングで出会った
素敵な猫さんをご紹介しています。
 
 
 
猫さんとの暮らし出張アドバイス
 
 
 
ペット食育協会(R)認定
愛猫・愛犬のための手づくりごはん
 セミナー開催日程のご案内
 入門講座開催のご案内
  2級認定講座のご案内
 手づくりごはん出張セミナー
 セミナー参加者の声
 
 
 
猫屋敷オリジナル
猫さんと人のための生活雑貨
 
 
 
猫さんの快適生活のためのご提案
  猫さんの習性や、行動やしぐさが教えてくれる猫さんの気持ちなど。
猫さんを理解することで、猫さんとの暮らしはもっと楽しくなるはず。そんな想いをこめて。
猫さんの体のひみつ
  猫さんのおひげは何本あるの?など、猫さんの体のひみつをご紹介。
猫さんを取り巻くいろいろなこと
  地域猫についてのお話など。
すべての猫さんのしあわせを願って。
猫屋敷おすすめの本
  猫さんの健康についての本や、猫さんが魅力的に描かれている本などなど。
 
 
 
ブログ「続・相棒猫日記」
相棒猫日記
うめちゃん、ももちゃんとの日々
 
 
プロフィール&ご挨拶
 
 
 
個人情報の保護について
CSなんりグループ紹介
トップページへ
■ブログ 「続・相棒猫日記」
 ■相棒猫日記「命を見つめて」
VOL.52 おいしい、おいしいの時間

うめちゃん、ももちゃんのための手作り食をはじめて8ヶ月になる。
きっかけは、一連のペットフード事件
。私にとって問題だったのは、当時、うめちゃん、ももちゃんにあげていたメーカーのウェットフードが、店頭から姿を消してしまったこと。
「品質に問題はない」としながらも自主回収してしまったと記憶している。

買い置きもなくなり、さてさて、どうしたものかと悩んだ。
ふたりにウェットフードをあげていたのには、少しでも水分を摂ってほしいという想いもあったから。

毎日、夕方になると、一緒に遊んだ後に「楽しかったね。おいしい、おいしいしようか」と言ってウェットフードをあげるのがそれまでの習慣。
ふたりは、そのウェットフードを、とてもおいしそうに食べていたものだ。

食べることが大好きな私にとって、彼らの食の楽しみを奪うのは、何とも忍びないこと。
考えた結果はじめたのが手作り食。
インターネットを調べ、本を読み、いろいろな勉強をしながら、試行錯誤の手作り食のはじまりだった。

彼らにとって、おいしいものでなければならない。水分を摂ってもらうことも目的だ。
一生懸命作ったのに、クンクンとするだけでなかなか食べてくれないこともあった。
猫さんは食に気難しいということを実感する日々。
もう、手作り食はやめようと、何度思ったかわからない。
しかし反面、それまで好んで食べようとしなかった食材にも慣れてくれているという手応えを感じる日々でもあった。

ある日、肩の力が抜けた。
併用してドライフードをあげていたので「好きなほうを食べてくれれば、それでいいんだ」そう思えたのだ。
不思議なことに、私が、気持ちの上でそんなふうに割り切れたちょうどその頃から、うめちゃんも、ももちゃんも手作り食を好んで食べてくれるようになる。

彼らの食の好みもだいぶ把握し、こちらが食べてほしいと思う食材をこっそり取り入れ、力まず、力を抜いた手作り食を続けていたある日「あれれ?」と気が付いたことがある。
涙鼻管が細いため詰まりやすいと言われ、常に茶色の涙やけを起こしていたももちゃんの涙やけがなくなり、本来の真っ白な毛を取り戻していた。

うん?そういえば。幼い頃の鼻気管炎のため、しょっちゅう左目を腫らし、涙を流していたうめちゃんの、その症状は、このところずっと現れなくなっている。

そして、これは言葉では説明のしようもないのだけれど、臆病で神経質だったうめちゃんが、大らかになった。
カチカチだったうめちゃんのうんちは、ほどよい、いいうんちになり、形のないほどゆるかったももちゃんのうんちは、形のあるうんちになっている。

偶然と言えば、偶然。
でも、そうではないかもしれない。いろいろな発見がとても楽しい。

今では、うめちゃんも、ももちゃんも、私が作る手作り食が大好き。
うめちゃんは私の足もとで、ももちゃんは私の後ろにある棚の上で、「早く作っておくれ」と言いながら、ごはんができるのを待っていてくれる。

キャットシッター猫屋敷
仙台市宮城野区鶴ヶ谷北1-15-20 TEL.022-388-3848  FAX.022-388-3849 E-mail:cs@nekoyashiki.jp

動物取扱業登録 仙台市指令第1246号 種別/保管
登録年月日/平成19年11月15日 有効期間末日/平成29年11月14日 動物取扱責任者/鈴木美由起