キャットシッター猫屋敷 相棒猫日記



相棒猫日記

VOL.58 ももちゃんの「ミャーオ」





キャットシッター猫屋敷 相棒猫日記

私が席を立つ。
その気配を察して、それまで静かに眠っていたももちゃんが起きあがる。
「ももちゃん、起こしちゃったね、ごめんね。寝ていてくれていいんだよ」と声をかけるが、ももちゃんはそのままぐーんと前足を伸ばして姿勢を低くし、お尻だけ高く上げた格好でのびをする。
「う~ん、気持ちいいねぇ」
思わず声をかけたくなる立派なのびだ。

私はももちゃんに声をかけながら、書類を取り出すために、机の反対側の棚に向かう。
ももちゃんが私と並んで歩く。私と同じ速度で。
目当ての書類を取り出し、そばにいるももちゃんに「ももちゃん、待っていてくれてありがとう。終わったよ」と言い、また机への何歩かを一緒に並んで歩く。

私がももちゃんの速度に合わせて歩いているのか、ももちゃんが私に合わせてくれているのか、時々わからなくなる。
でも、やっぱり並んで、一緒に歩いているわけで、それが私をとても楽しい気分にさせてくれるのだ。

キャットシッター猫屋敷 相棒猫日記

「行こう、行こう、もーもちゃん!」といい加減な節をつけて歌う。
このインチキな歌のおかげで、お互いの足取りが軽くなるように感じているのは私だけだろうか。

たとえば、昼食の後、洗面所で歯を磨いている間、ももちゃんが廊下で待っていてくれることがある。
ちょこんとお行儀よく、前足を揃えて。
そんな時も「ももちゃんありがとう。お待たせ、さ、行こう」と言った後に続くのは「行こう、行こう、もーもちゃん!」の歌。

時に、この歌の後、すぐには席に戻れないことがある。
ももちゃんの必殺技『口角をキュッとあげて、かわいく「ミャーオ」となくぞ攻撃』を受けてしまった時だ。

まんまるの瞳で見つめられ、この技を使われると、私の足は彼のフードボウルの前に向かうことになる。
つまり、この攻撃は「ごはんを手で食べさせて攻撃」なのだ。

ももちゃんが来てくれたばかりの頃、どうしてもうめちゃんと同じものを食べようとするももちゃんに、成長に合わせたこども用ごはんを食べてほしくて、手の平にごはんをのせて食べてもらっていたことが、この悪癖をうむきっかけだろうと思う。
本当にお腹が空いていれば自分で食べるので、たとえば私がいない時…なんて心配はいらないわけだけれど、やはり、悪癖には違いない。…大反省。

私と並んで歩き、洗面所の廊下、棚の前などで、私を待っていてくれるのは、うめちゃんもいっしょ。
その時は「行こう、行こう、うーめちゃん」と歌いながら席に戻ることになる。

も もちゃんとの違いは、私が椅子に落ち着いたことを確認すると、うめちゃんも、私のそばにある自分の席に戻り、くつろぎ始めること。

うめちゃんは、純粋に私が席に戻るのを待っていてくれるのだろう、と解釈している。
もちろん、ももちゃんが待っていてくれるのは、ごはんが食べたいからだけだと思っているわけではないけれど。

ももちゃんは最近「ごはんを食べさせて」攻撃の他に「撫で撫でして」攻撃も習得。
これまた速攻でやられてしまうすごい技だ。
ももちゃんはこれから、あといくつの技を磨いていくのだろう。




VOL.57へ VOL.59へ





 

猫暮らしセミナー/猫さん、毎日のケアセミナー/キャットシッター猫屋敷 猫暮らしセミナー/老猫さんとの暮らしセミナー/キャットシッター猫屋敷